祝活!お祝いにおすすめの品

祝い酒

2月
17

日本の風習には、古くからお祝いごとに祝い酒を贈る文化があります。お酒の種類はシャンパンやワイン、日本酒など、相手に合わせてさまざまです。飲食店の場合、実用性のある焼酎やリキュールを贈るケースも少なからずあると言います。

ワインを贈るときのポイントは、相手の会社やお店の開業年に合わせること。ワインは年々熟成されてくお酒なので、ワインの道のりと会社やお店の歴史を重ね合わせることができます。創業年度と同じであることを見て、受け取った相手が喜んでくれるかもしれません。ワインの年号がわかりやすいラベルだと、なおよいでしょう。

日本酒は好き嫌いがわかれるお酒ですが、相手が飲める人なら縁起のよい名前の日本酒を選びましょう。1升ビンの場合は一生(1升)と掛けて、「一生幸せが続くよう」という想いが込められています。また、会社全体に贈るときは樽酒を選ぶのもよいかもしれません。ふたを割って鏡開きをすることは運を開くという意味がありますが、みんなで樽を割るという豪快な演出ができる点も喜ばれるポイントです。

相手のことを十分に知っているときは、お酒を贈ると喜ばれるでしょう。ただし、お酒は好き嫌いがあるので、どんな種類がよいかを事前に確認することをおすすめします。

未分類 祝い酒 はコメントを受け付けていません。

胡蝶蘭

2月
16

胡蝶蘭はお祝いの定番。鮮やかな白い花びらは肉厚で、ボリューム感たっぷりです。結婚式や引越し祝いのようなプライベートのシーンから、開店・開業祝い、移転祝いのようなビジネスシーンでも活躍します。

参考HP「胡蝶蘭専門店|オーキッドスタイル

「幸福が飛んでくる」という花言葉は、まさにお祝いのギフトにピッタリです。お花を贈ったあとで受け取った相手の未来がさらに発展するよう、気持ちを込めてお祝いをするという意味もあります。このように、相手に対して気持ちを伝えるのにふさわしい花が胡蝶蘭です。

贈る相手を選ばないのも魅力だと言えます。胡蝶蘭は花粉や香りが少なく、相手のお店や会社の業種を問わずに贈りやすいのが特徴です。また、1か月以上長持ちするのも胡蝶蘭ならでは。室内で管理するときは、エアコンの風が当たらないようにするのがポイントですが、基本的には長持ちしやすい花です。衛生的に厳しい病院・クリニックの開業祝いでは贈るべきか悩むかもしれませんが、ほとんどのお祝いに使えるでしょう。

さらに、1年中いつでも贈れるのが胡蝶蘭の魅力。品種改良が行われた結果、生産農家さんが栽培しやすく、いつでも品質がよいものができることも人気の理由です。どんなシーンのお祝いにも合うので、ぜひギフトに贈ってみてください。

未分類 胡蝶蘭 はコメントを受け付けていません。

人気のお祝いの品

2月
14

お祝いに贈る品はその人のセンスが問われます。相手から喜ばれるであろう品と言えば、胡蝶蘭と祝い酒です。ビジネスやプライベートを問わず、多くのシーンで喜ばれると思われるこれらの品々。なぜ、お祝いの品として愛されているのでしょうか。

胡蝶蘭から見てみましょう。花言葉は「幸福が飛んでくる」というもので、受け取った相手の発展を願う意味が込められています。花粉や香りが少ない花なので、どこの会社や業種が相手でも贈りやすいです。1年を通じていつでも贈れる花なので、時期を問わないのも魅力でしょう。1か月以上楽しんでもらえることも含め、お祝いにもふさわしい花だと言えます。

日本では古くからお祝いの定番ですが、祝い酒を贈ることもおすすめの選択肢です。相手の会社やお店の創業年度に合わせたワインや縁起がよい日本酒を贈るのがよいでしょう。相手の状況や関係性にもよりますが、シャンパンやビール、実用性の高い焼酎やリキュールを贈るのもよいかもしれません。ただし、相手によって好き嫌いがわかれるのがお酒です。スマートさを演出したいなら、好みをきちんと理解したうえでお酒を贈るようにしてください。

スマートなお祝いの品が贈れる人は、受け取った相手からかっこいい印象を与えられるはず。そのためには、お祝いの品に関する常識を押さえておくとよいでしょう。当サイトをご覧いただき、お祝いの品に関するさまざまなことを学んでいただければ幸いです。

未分類 人気のお祝いの品 はコメントを受け付けていません。