祝活!お祝いにおすすめの品

祝い酒

2月
17

日本の風習には、古くからお祝いごとに祝い酒を贈る文化があります。お酒の種類はシャンパンやワイン、日本酒など、相手に合わせてさまざまです。飲食店の場合、実用性のある焼酎やリキュールを贈るケースも少なからずあると言います。

ワインを贈るときのポイントは、相手の会社やお店の開業年に合わせること。ワインは年々熟成されてくお酒なので、ワインの道のりと会社やお店の歴史を重ね合わせることができます。創業年度と同じであることを見て、受け取った相手が喜んでくれるかもしれません。ワインの年号がわかりやすいラベルだと、なおよいでしょう。

日本酒は好き嫌いがわかれるお酒ですが、相手が飲める人なら縁起のよい名前の日本酒を選びましょう。1升ビンの場合は一生(1升)と掛けて、「一生幸せが続くよう」という想いが込められています。また、会社全体に贈るときは樽酒を選ぶのもよいかもしれません。ふたを割って鏡開きをすることは運を開くという意味がありますが、みんなで樽を割るという豪快な演出ができる点も喜ばれるポイントです。

相手のことを十分に知っているときは、お酒を贈ると喜ばれるでしょう。ただし、お酒は好き嫌いがあるので、どんな種類がよいかを事前に確認することをおすすめします。

未分類 祝い酒 はコメントを受け付けていません。